お役立ちコラム COLUMN

中小企業の法律サポーターTOP > お役立ちコラム > 離婚と調停前置とADR。

離婚と調停前置とADR。2013年05月30日

離婚するためには調停を提起しなければならないとされています。ところが、私が運営委員を担当いたしております愛知県弁護士会の紛争解決センターは、認証ADRですので調停の代わりになる機能を持っています。

 

ところが、最近家庭裁判所から取り下げの場合では調停前置を満たさないと指摘されているケースが増えております。本来はそのようなことは条文の趣旨に反しますが、裁判所は調停を長い弁論準備のように考えていて、何にも話し合っていないのであれば、その内実何もやっていないことと同じでしょうということになってしまうようです。

 

とはいっても場所が裁判所に変わっても、話し合いに応じない人は応じません。

ですから、この場合は、手続的には終了宣言によって終了してもらうということが必要ですし、一応は期日を開いてもらい、実質的に和解が成立する見込みがないと判断される程度に手続が実施されている必要があります。

 

紛争解決センターは特に管轄、相手の住所地が遠くにありますよ、という場合に効力を発揮します。

 

ご利用についての代理は是非お問い合わせください。

laquo;

お役立ちコラム TOPへ

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

  • 遺産分割サポーター
  • 離婚サポーター
  • ハッピーリタイアサポーター

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。