中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 売上が不足しているときの対応

経営コンサルタント

売上が不足しているときの対応

 需要が不足して供給過剰になっている場合、営業は値下げをしてでも売上を確保したいという対応をすることが一般的です。

 

 需要不足のときの値引きで販売数量を伸ばせば、長期のコストパフォーマンスが良いという戦略的価値があるかもしれません。しかし、固定率が高い業種では、利益へのマイナスの影響は避けられないと考えられます。

 

 では、製造業で原価割れをしてでも受注して良い場合というのはあるのでしょうか。

 

 この点は製造業についての話しですがサービス業で固定費に占める人件費の割合が多い業種にも応用がきくのではないかと思います。例えば航空会社の場合、飛行機を飛ばすコストは乗客の数に関わりません。ですから、予約で埋まらない席があれば格安でもさいばいてしまった方が固定費が変わらない以上、合理的だ、という論理になります。

 そして、まずは、余剰能力で処理できる、ということですね。つまり生産能力に余裕があるので原価割れしても遊ばせておくよりは良い、次に他の顧客との取引に影響を与えないということです。はっきりいって、原価割れしない顧客が顧客であって、原価割れでの発注を押し通してくる顧客は顧客というべきなのかは分かれるところでしょう。

 いずれにしても、ダンピングで選んだ顧客はダンピングで去っていくわけですから、能力はきちんと対価を支払ってくれるところへ優先的に配分していくことは当然です。

 

 

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。