中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > ホームページ業者と著作権

ホームページ

ホームページ業者と著作権

昨今では、ホームページの依頼をするということは珍しいことではなくなりました。しかし、それにともなってトラブルが発生しているようにも思います。一番多いのは、著作物の帰属を曖昧にしていて、業者に著作権が帰属したまま倒産してしまったというようなケースです。業者に著作権を持たせてしまいますと、例えば競業他社にその文面やノウハウなどを提供する可能性もあります。商圏が狭いならば問題はありませんが,そうでない場合は、著作権についての取り決めはきちんと行った方が良いと思います。

 

一般的にウェブサイトは著作物であると解される可能性があると思われます。もちろんただの広告サイトはならない場合もあります。

 

しかし、著作物の場合、業者か依頼者かどちらに帰属するか問題となります。著作物は著作物を創作した人に帰属します。つまり、大枠は依頼者が示しても、業者でアレンジを加えた場合は、請負業者が著作権者になることが法律上は比較的多いと思われます。

 

そこで、業者との契約の際に、ウェブサイトの著作権を依頼者に譲渡する旨明記をしておくことにしましょう。それだけではなく、他にも挿入した方が良い条項があるかもしれませんので、ご相談されることをおすすめいたします。その他、ドメインの所有権についてもよく注意をしておく必要があるでしょう。弁護士としてみておりますとドメインの所有権が請負業者に帰属している例が多いです。しかし、ホームページ業者は栄枯盛衰が激しいですので、倒産してしまうと、長年親しんできたドメインが使えなくなってしまうというようなことにもなりかねません。

 

こうした点にも注意をしておく必要があります。

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。