中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 再生手続が開始された場合どうなるのですか。

個人事業主の再生

再生手続が開始された場合どうなるのですか。

いちばん大事であるのは、再生債権の弁済禁止の徹底、履行テストのための分割予納金の継続納付を遵守するということです。

 

そして、再生手続き上要求される、再生債務者の財産に関する調査、再生債権に関する調査、再生計画案の作成・提出(民再163条1項)、再生計画案の作成・提出(民再163条1項)などを行うことになります。

 

さて、なんといっても一番大きな仕事は、再生計画案の作成です。

 

再生手続開始の決定後は、再生計画案の作成が再生債務者代理人の重要な作業ですが、①新たな借り入れの回避、②財産の増加の報告は大事な作業となります。

 

法律的に堅いことをいえば、実は債務者は、再生手続開始後の生活並びに財産の管理及び処分に関する費用の請求権は共益債権とされます。そして新たな借り入れも論理的には可能ということになります。

 

しかし、新たな借り入れは厳に慎んでください。特に名古屋本庁は鬼のように厳しい裁判官がいますから、家計簿からこうした事実は知られてしまいます。中にはヤミ金からお金を借りてしまって、その返済のために再生計画案の作成が困難になったというケースがあります。

 

したがって、再生手続中であることを自覚して、新たな借り入れは可能な限り、しないように注意をする必要があります。

 

次に、財産が増えてしまった場合です。民事再生をして財産が増えるだなんてバラ色ではないか、と思います。

 

しかし、再生計画というのは清算価値保障原則に違反してはいけません。要するに債権者にとっては破産されるよりも「お得」と思わせなければならないプランを作らなければいけません。そのため、違反の有無は、実務では再生計画の認可時を基準にして判断をしています。

 

ただ、再生手続開始の決定時と再生計画の認可時の間は通常は数ヶ月ですから、そんなに清算価値が大きく変わったらおかしいですよね。

 

しかし、個人事業主はそういうわけにはいきません。宝くじがあたってしまうというように、ぽーんと売上が上がるときがあります。したがって、個人事業主の事業収益が増加したことから再生計画の認可時の清算価値が再生手続開始の決定時の清算価値を大きく上回っていたケースがあります。

 

以上のとおりで、清算価値保証原則に違反しないかどうかの判断のために必要ですので、再生計画の認可時までに財産の増加があれば報告をするようにしなければなりません。

 

つまり、個人事業主は売上、要チェックです。

 

 

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。