中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 概算工事費が大幅超過した場合の契約解除の恐れ

建築・設計・庭師等

概算工事費が大幅超過した場合の契約解除の恐れ

Q  私は、ある建築士事務所をしていますが、依頼者の要望にしたがい,設計業務を完了しました。そして、実施設計図をもとに見積もり依頼をしたところ、

工事予算の2倍の結果となり、依頼者は不信感を持ってしまい設計契約の解除と既払いの設計報酬の返還を請求してきました。

A オーダーメイドの住宅の場合、設計者としては依頼者の住宅に関する要望と工事予算のバランスを考えなければなりません。

 予算を気にしないで建築をする人は珍しいからです。

 とはいういものの、予算の10~20パーセント程度の超過は、設計の現場では必ずしも珍しくなく建材の選択、工務店の努力などで調整が不可能となってしまいます。

  さて,契約については,契約書の内容によることが大きいと思われます。しかし、予算は指定されておきながら、これを例えば2倍上回るような設計をして,

 大幅な減額設計変更が必要となる場合には、債務不履行があるものとして、契約解除が認められる可能性があります。

  コストの面も依頼者の納得を得ながら設計を進めることが大事と考えられます。

法律相談Q&A TOPへ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。