中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 会社分割で問題とされていることは何ですか。

会社分割

会社分割で問題とされていることは何ですか。

最近、会社分割が債務超過の場合の事業再生のスキームとして利用されているのですが、その中に濫用事例も起きています。

 

そこで、主に再生を目指す会社に対して、金融機関・破産管財人との間で法的紛争が生じています。

 

新設分割によって分けられる分割会社の債権者を無視して、恣意的に優良資産を切り出される新設会社に移動させてしまうのです。

分割会社は対価として新設会社の株式の交付を受けますので、法律上はトータルで資金の流出はないはずなのです。

 

しかし、株式という対価を考慮しても、新設分割によって承継されない分割会社の債務に係る既存債権者が害される、というようなことがいわれています。

 

もっとも、原則としては、分割会社は新設分割によって対価である株式を得ていますから理論的には「既存債権者が害される」ということはありませんから、

債権者保護手続も必要ありません。

 

しかし、実際は、法律の想定を越えるものであったために法的紛争になっているのです。

法律相談Q&A TOPへ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。