B型肝炎で悩まれている皆様へ

B型肝炎ウィルスに感染されている方は、平成29年1月12日までに国に請求すれば、国から最大で3,600万円の給付金が支給される可能性があります。

給付金を受けることができる可能性がある方

  • 昭和16年7月2日~昭和63年1月27日までに生まれている
  • 満7歳になるまでに集団予防接種等を受けている※1
  • B型肝炎に持続感染している
  • 集団予防接種以外の感染原因がない※2

予防接種およびツベルクリン反応検査

母親が上記要件に全て該当し、母子感染により子がB型肝炎に感染した場合、母子ともに給付金を請求できる可能性があります。

ブレイブハート法律事務所に依頼するメリット

詳細はこちら

B型肝炎訴訟はご自身で手続きを行うことも可能です。しかし、以下のように弁護士に依頼するメリットもあります。
また、弁護士に依頼すると、給付金とは別に国から給付金の4%相当額が支給されます。

  • 法律相談・着手金無料で最初は実費のみ!
  • 労災・交通事故での医療知識で証拠収集を代行!
  • 弁護士費用は給付金からのあんしん後払い方式!
  • 労災、税務など豊富な国家賠償、行政訴訟経験多数!
  • 整形、産科、歯科などの医療問題もアドバイス可能!

お悩みの方からのご相談をお待ちしております

私も、集団予防接種を受けておりましたが、医師は2~3人にひとり針を変えていて、タオルか何かで拭いていただけだったな、という想いがあります。しかし、今日では、注射器を通じた感染は当たり前であり、その正義を通じた国への働きかけが認められるようになっています。
しかし、給付金を受け取るには訴訟が必要となりますし、ある程度、医療問題に精通している弁護士である必要があります。交通事故や医療ADR部会委員を務めております当事務所の弁護士が、B型肝炎給付金申請のお手伝いをさせていただき、原状回復、そしてそれに変わる慰謝料的な給付金により、過去に向かい合い新しい未来に向かうお手伝いをさせていただきたいと存じます。

ご相談からご依頼までの流れ

STEP1

相談日時のご予約

まずは、お電話かメールで当事務所までご連絡ください。B型肝炎訴訟に関するご相談は無料で行っております。

無料相談のご予約

STEP2

無料相談

B型肝炎訴訟に精通した弁護士が、直接お会いしてご事情をじっくりお伺いします。
相談は無料ですので、分からないことは遠慮なくご相談ください。

STEP3

ご依頼

無料相談でご説明したことにご納得いただけましたらご依頼頂き受任いたします。
もちろん必ず依頼いただく必要はございませんのでお気軽にご相談ください。

STEP4

書類収集・調査

お客様ご自身で収集する必要がある書類については、収集方法などを丁寧にご説明いたします。当事務所が収集できる書類は、収集手続を行います。

STEP5

裁判所へ

弁護士が給付金の請求が可能であると判断した場合、給付金を請求するための書類(訴状)を作成し、裁判所に提出します。

STEP6

和解成立

国が給付条件を満たすと判断した場合、お客様のご病状に応じた金額で和解調書(※)が作成されます。

医療過誤問題ADR申立サポート

tel.052-253-8775 受付時間:9時~18時(月~土曜日)

無料相談のご予約

医療過誤問題ADR申立サポート

弁護士コラム

運営会社紹介

ライオンズビル第2丸の内

名古屋ブレイブハート法律事務所

〒460-0002
名古屋市中区丸の内1-14-24
ライオンズビル第2丸の内204

tel.052-253-8775 受付時間:9時~18時(月~土曜日)

中小企業の法律サポーター

離婚サポーター

遺産分割専門サイト

ハッピーリタイアサポーター

ページの先頭へ