中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 著作権侵害の場合の「損害」

著作権訴訟

著作権侵害の場合の「損害」

 さて、事業損害という概念についての研究が進んでいるところですが、東日本大震災は売上をベースにしているようですが、未だ営業利益をベースとして損害を認めるというケースもあります。

 

 さて、著作権侵害をされても、その損害額というのは、正直「どうやって計算するの?」という問題が生じます。

 

 基本的には、損害賠償の差額説からすると、本来のあるべき姿を示す必要がありますが、著作権侵害の場合は、なかなかその差額は一定のフィクションにならざるを得ない面があります。

 

 そこで、著作権侵害に基づく損害額の算定は困難な場合が多いことから、著作権法は、損害賠償額算定に関する特則(著作権法114条)を定めています。

 

 具体的には、著作権者が、著作物の販売能力を有している場合

 

 侵害者の譲渡数量×正規品の単位数量あたりの利益の額

 

 を損害額として主張することができるようになりました。

 

 また、著作権の行為により受けるべき金銭の額に相当する額を損害額とみなすこともできます。

 

 受けるべき金銭額に相当する額

 

 侵害者の譲渡数量×使用料相当額

 

 となります。

 

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。