中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > フレームワーク:緊急措置のポイント

計画立案のフレーム

フレームワーク:緊急措置のポイント

 イシューには,①イシューでないものをイシューとして対処する誤り、②イシューをイシューではないとして対処しない誤りの2つがあるといわれています。もちろん能力的に対処を間違えるということもありますが,ここでは分類だけを問題にしています。

 

 ①は「慌て者の誤り」、②は「ぼんやり者の誤り」といわれるのだそうですが,実は,この両者はトレードオフの関係にあり,問題は,緊急措置をとるラインをどこに引いておくかという問題に置き換えることができるのです。

 

 要するに判断基準を厳しくすれば①になる確率が高くなるし,緩めれば②になる確率が高くなるということです。ただし,官僚組織のように無駄な過程の連鎖を構築したがる組織体では①が多くなるという傾向がありますが,ここでは考慮しないことにしましょう。

 

 例えば,お客様の安全,法令遵守,会社の信用に関わる問題について,51パーセントを超えたら対処を始めるという基準を構築するのが適切であるか否かということになります。

 

 例えば,単に業務の手順にすぎないことについて1パーセントまで判断基準を厳しくすると,手続が多くなりすぎてしまい,業務の効率が低下して売上も低下するという関係を招くでしょう。しかし,基準を緩めてコスト削減を図っても,お客様の安全が損なわれ信頼を無くしてしまえば本末転倒です。事業体の命運を左右する判断基準を定立しておく必要があるということになる,ということになります。例えばGoogleなどは原則として問題が生じてから対応するというスタンス,つまり①と②を分ける判断基準がとても緩やかなスタンスをとっています。しかし,外資系ではあり得ますが,日本の場合,それがスタンダードとはいえません。これも一つの経営判断といえるでしょう。

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。