中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 退職後顧客情報を利用できなくし得意先を奪った事例

独立に際してのトラブル

退職後顧客情報を利用できなくし得意先を奪った事例

 さて、今度は、従業員が、自分の退職後に会社において、顧客情報を利用できなくして、会社の顧客を奪ったという事例をみていきましょう(大阪地判平成3年10月15日)。

 

 本件は,競業避止義務がありますが、そのような特約の効力が大いに問題となると考えられる。もっとも、判決の認定によれば、Yは営業部長、営業活動を統括する立場、会社に顧客情報を残さない、独占的に利用するという事情がありました。

 

 事案をみる限り、結論は仮処分で競業行為を差し止めることは妥当である、といえますが、ここは識者により立場は分かれるものと考えられます。

 

 判旨をみていきましょう。

 

・会社はチケット、ラベルの製造販売をする株式会社

・特約と特約違反を認定。

・Y氏は売上の7割を生み出していた

・あたかも、Yが設立したA社がX社を承継したような挨拶を配る

・YはXに取引の具体的内容を伝えていない(顧客情報も不明)

・従来の営業を継続することが困難に。

・売上は10分の1に落ち込む

・本件で申請人が防衛すべきものとしている企業利益は、申請人の得意先ないしそれに関する顧客情報であり、特許権ないし権利ないしノウハウほどには特別の秘密保持を必要としないが、それを従業員がその利益のために自由に利用すれば、場合によっては企業の存立にも関わりかねない。この点、特許権などの権利利益とは異なるところのない重要な企業利益であり、企業が合理的な範囲で従業員の在職中及び退職後のその自由な利用を制約することは合理性を欠くものではない。

 

 もっとも、大阪地裁平成3年をみても、会社に対する責任は否定されており、仮処分はY個人がA社を通じて商品を販売することを差し止めるなどのY個人の行為です。したがって、Y以外の人がA社で商品を販売しても仮処分の効果は及ばないといえますから、どれほど有意義なものであるかは疑問の余地もあるといえます。

 

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。