中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 預金債権差し押さえの準備

弁護士会照会

預金債権差し押さえの準備

 預金債権の差し押さえについては、支店の特定がどの範囲で必要かという点について高裁レベルで争いがありました。特に支店名を一括に記載する方法により差し押さえができるかという点が大きな関心事でありました。

 

 しかし、最判平成25年1月17日は、支店名を一括に記載したり順番を並べたりする方法では特定が十分ではなく,支店名での特定が必要としました。わかりやすくいえば、○○支店と具体的にいう必要がある、という原始的なものに戻った、これまでの弁護士たちの工夫は否定されたというところでしょうか。

 ところで、一部の金融機関だけなのですが、近時確定判決を取得している場合に、判決と確定証明書の写しを添付して預金口座のある支店名を照会すると,回答をするようになったとみられる都市銀行も存在するようです。都市銀行は、名前と生年月日が分かれば、キーボードでたたけばすぐに所在支店が分かるシステムがあるので、都市銀行が司法の役割にどれだけ貢献するか、どの程度動きが出るのかということと思われます。前提となる債務名義は判決という紹介が多いですが、例えば離婚の場合のように、調停調書(和解)でも良いのか、はたまた執行認諾文言がある公正証書でも良いのか,ということのように思います。

 

 しかし、私見では、銀行のシステムにおいては、簡単に所在支店が判明するのですから、強制執行を不奏功に終わらせるということでは銀行が、かつてのスイス銀行のようなものになりかねないと思います。また、現在では、住所地に近い支店か勤務地に近い支店にしか口座は開けないというケースも多いようですが、昔はそのような決まりはなく振り込め詐欺が流行して以降厳しくなったという印象です。したがって、それ以前の属人的な関連性が低い口座を持っている人は差し押さえを免れやすいというのは不公平であり、金融機関という公共性の高い機関として社会通念上の信認が得られるかという観点からの対応が求められるものと考えられます。

 

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。