中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 著作権侵害の成否・複製権・翻案権

著作権

著作権侵害の成否・複製権・翻案権

 複製とは,印刷、写真、複写、録音、録画その他の方法により有効的に再製すること」をいうと定義されている。複製には既存の著作物αと同じであること(α)のほか、修正などを加えるが本質的特徴が維持される(α’)がある。

 

 また,翻案は,既存の具体物の具体的表現に修正・増減・変更を加え、その部分に創作性がある場合(α+βのβ部分)として区別をすることができる。

 

 翻案については,脚色,映画化があげられている。また,要約については,ダイジェストという形である程度の永さの著作物を短くする行為は翻案に該当する。もっとも,著作物を紹介する程度のものは,翻案には該当しない。

 

 最高裁判決は、翻案について「既存の著作物に依拠し,かつ,その表現上の本質的な特徴の同一性を維持しつつ,具体的表現に修正,増減、変更等に加えて,新たに思想又は感情を創作的に表現することにより、これに接する者が既存の著作物の表現上の本質的な特徴を直接感得することができる別の著作物を創作する行為をいう」との規範を定立している。

 

 もっとも,複製ないし翻案に該当するためには既存の著作物に依拠,すなわち著作権法による保護の対象となる思想又は感情を創作的に表現したものであることが必要となります。

 

 そうしますと,①手続の流れや法令の内容を法令に規定に従って整理したにすぎない図表、②一般の法律図書のある部分についても複製にも翻案にもあたらないとしています。

 

 したがって,最高裁は,「表現上の本質的な特徴」については、「表現」及び「アイディア」を重視しているものと考えられます。

 

 判例は「特に表現上の本質的な特徴」がどこにあるか、本質的な特徴の同一性を維持されているか,という観点を重視しているものと考えられます。

 

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。