中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 破産財団の範囲と自由財産の拡張

破産管財

破産財団の範囲と自由財産の拡張

 破産手続開始決定時における破産者の財産であれば、原則としてすべてのものが破産財団に属することになります。不動産、動産、抵当権についた建物、債権、知的所有権、商標、ノウハウなど財産的価値があるものは換価して配当財産とすることができるかを試みることになります。

 

 そして、手続開始後に財産価値がないことが判明することがあります。例えばゴルフ会員権についても未払会費があると換価は難しいということになるかと思います。こうしたものであっても、一般的に財産になるものは破産財団の中に入れておくということになります。そして、破産財団に入れておくと管理費などがかかり不都合が生じるということになりますとよろしくないので、放棄などの破産管財人の処理をするということになります。

 

 関心の高いものとして自由財産の拡張があると思います。分かりやすくすると99万円の金銭(現金)は本来的に自由財産ということになっています。そして、対象は「金銭」ということになっていますが、これを拡張するものがあります。これを自由財産の拡張と呼んでいます。

 

 99万円までの金銭が自由財産とされるのは、破産者やその家族の当面の生活資金を保障する趣旨です。そして、これについては裁判所の裁量によって、自由財産の範囲を拡張することができます。

 

 本来的自由財産は「金銭」ですので「預金」は対象にならない、などとんちのようなことがありますが、裁量に基づく自由財産については、当該破産者の生活状況を踏まえて具体的必要性を考慮してその範囲を拡張するものです。一般的には、99万円に満つるまでは、「金銭」以外についても換価の対象とせず自由財産の拡張を認める基準に基づく運用がされているといえるでしょう(名古屋の場合)。

 

 例えば、生命保険解約返戻金請求権は、最低生活の保障という意味では自由財産ではありませんが、返済金額に照らして破算債権者の利益を不当に害しないと認められる場合には、その請求権を自由財産とすることが認められる、という場合があります。ただし、99万円を超える部分についての拡張は、やむを得ない事情の立証が必要と考えます。

 

 なお、自由財産という考え方は、法人にはあてはまりませんので、個人の側の場合でしか検討がなされることはありません。

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。