中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 破産財団からの不動産の放棄

破産管財

破産財団からの不動産の放棄

 破産管財人は、特定の財産につき破産管財人の管理処分権を放棄し、破産者の管理処分下に戻す行為も12号の権利の放棄に含まれます。

 

 破産者が法人の場合については、このような放棄は許されない、という議論がありましたが、判例はいわゆるオーバーローン不動産について、「破産財団からの放棄」は有効であると判断しています。

 

 不動産について「破産財団からの放棄」を行いますと、破産管財人は占有管理義務(マンションの共益費負担義務を含む。)、民法717条の占有者責任を免れることになります。

 

 不動産の放棄については、権利放棄ということになりますから、原則として裁判所の許可が必要となることになっています(782条12号)。放棄物件の価額が100万円以下の場合には、法令上は報告で足りることになっていますが、裁判所の許可を得ることが望ましい、とされています。

 

 固定資産罪は、1月1日現在の登記簿上の所有者に課せられますから、次年度の固定資産税の課税を免れるためには、裁判所の嘱託を踏まえて12月半ばまでの本申請が望ましいものとされています。

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。