中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 発信者情報の具体的方法

インターネット誹謗中傷

発信者情報の具体的方法

 掲示板管理者からIPアドレス等の発信者情報の開示を受けたうえで、経由プロバイダに対し、氏名・住所等の発信者情報の開示を求めることになります。

 

 一般的には、掲示板管理会社に対する発信者情報開示請求を行います。ここで、IPアドレスについてWHOIS検索を行い経由プロバイダを確認させていただきます。

 

 コンテンツプロバイダに対する発信者情報開示請求は、通常、仮処分命令の申立で行っています。これは、アクセスログの保存期間は2週間程度だからです。早くしないとなくなってしまうということですね。ここで開示される情報は、IPアドレス程度ですから、比較的低廉な担保で迅速に仮処分決定を出してもらえるという運用となっております。

 二義的には、経由プロバイダに対して発信者情報開示請求を行います。

 まずはデータが消えないよう保存を求め応じない某電話会社のような場合は粛々と仮処分を申し立てることになります。

 

 そのうえで、発信者情報開示請求訴訟を提起します。発信者情報の保存が確認できれば、仮処分による必要はありません。本案訴訟で発信者情報開示請求をします。ここでは、名誉毀損であれば真実性・相当性の抗弁が成り立たないことまで踏み込んで訴状の段階から主張することになります。

 

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。