中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > パワハラ上司として氏名・住所が掲示板に記載されまし…

インターネット誹謗中傷

パワハラ上司として氏名・住所が掲示板に記載されました。

 本件の場合、パワハラ問題が、公共の利害に合致して公益目的があり、真実相当性の要件を満たすかがまずもって問われることになるでしょう。

 

 そして、いわゆる住基ネット訴訟でも争われましたが、裁判所は氏名、住所、生年月日、性別というのはセンシティブ情報とは考えていないようです。

 

 しかし、こうした基本4情報がパワハラといったような別情報と結び付くとき、非常にセンシティブとなり、要保護性が高まるというべきです。裁判例においても、本人の不掲載の求めに反して電話帳に掲載された電話番号について、プライバシー侵害を認めるものもあります(東京地判平成10年1月21日判時1646号102頁)。

 

 また、インターネットの情報はいつまでも残り続けてしまうという点に特色があります。

 

 マスコミの場合は、一定期間を超えると匿名になり、濃縮版でも実名が削除されている例がみられるところです。ところが、インターネットではいつまでたってもそうした情報が削除されないということも散見されます。

 

 そうした場合は、掲示板の管理者に削除を求める必要があると考えられますので、まずはIT専門弁護士にご相談ください。

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。