中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 仮登記担保契約を締結してしまったら

債務の支払

仮登記担保契約を締結してしまったら

Q お金を借りる際に、代物弁済の予約ということで自宅に仮登記を打たれてしまいました。ところが、弁済期になってお金を持参したら「帰属させるから」といわれてお金を受け取ってもらえません。どうしたらよいですか。

 

 法技術的には受領拒絶ということになりますので供託原因を構成するので供託されるのが良いと思います。私も最近仮登記担保に関する案件に遭遇したのですが、仮登記担保は昭和42年から48年にかけて流行した担保の手法です。何がすごいかというと5000万円の価値がある土地について、100万円を貸し付けて返せないと土地を丸ごと持って行ってしまう、ということが起こったのです。

 

 しかしながら、最大判昭和49年10月23日などが清算義務を認めるようになりました。そして、債権者は、目的物の価額が債権額を上回る場合には、その差額を清算金として支払うことが義務付けられており、しかもそれが目的不動産の所有権移転登記及び引き渡しと同時履行の関係になるとされています。

 また、債務者は、清算金の支払いを受けるまでは、債務を弁済して所有権を受け戻す権利を保障される(仮登記担保11条)。

 

 したがって、このような制約が加えられたところ、登記実務においても仮登記担保の利用は減少している。この慣行は、結局のところ、民法の諸制度をその本来の趣旨から外れ、曲げて利用しようとした結果生じたあだ花であったと評してよいであろう、とされています。

 

 現在でも、清算をしないで、まるまる不動産を取得するという、40年前に決着がついているような話で、不動産を取得されようとされる方もいます。こういう方が相手方についた場合は、直ちに弁護士に相談されることをおすすめいたします。

法律相談Q&A TOPへ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。