中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 建物明渡訴訟を予防するためには・・・

不動産賃貸

建物明渡訴訟を予防するためには・・・

建物明渡を予防するには、普通借家契約ではなく定期借家契約としておくということである。

 

本来、生活の本拠地を奪われないというものが、単なる経済活動の保護にまで制度趣旨が拡大されてしまった以上、普通借家契約の場合は期間満了時に明渡しを実現するか否かの見通しが困難であるのに対して、定期借家であれば、正当事由も求められず信頼関係の破壊もいらず「円満」に出て行ってもらえることができる。

 

しかし、そうした弁護士のアドバイスに貸主は、あまり耳を傾けないと思われる。つまり、適正賃料、適正使用をしてくれれば、賃貸借というのは無個性の「不労所得」であり、他方、入居する借主の側も、数百万円単位の内装費をかけていたりする場合は、2年で「さようなら」ということでは、別物件にいってしまう、つまり貸すのが難しいという状況になってしまうのである。

もちろん出て行って欲しいテナントに貸し増しをさせない、といった兵糧攻め作戦などもあるかもしれないが、個人的には、都心部だからといって、「借主の都合」で退去されるケースの方が多く、貸主保護のための店舗・オフィスの定期借家契約の割合は、それほど高まっていないように思われる。条件が悪い分、賃料を率直に下げるしかないが、「貸主の都合」からみて、別にこじれなければ出て行ってもらわなくてもよいわけで、それは入ってもらわないと分からないという継続的契約の質的問題もあるだろう。

これに対して、住宅については、所有者が転勤を機会に賃貸する場合などは、具体的に返還の必要性があるし、内装費もかからないので、定期借家契約が用いられるといえる。

しかし、定期借家という概念を知らないというケースもあり、普通借家契約で貸してしまう例が多く契約期間が終われば返してもらえると思っていたということである。

もっとも、家賃の改定がしやすいというメリットもある。普通借家の場合は契約が続けば、賃料増額は調停経由の訴訟が必要であり、専ら立証責任は貸主にある。そして、増額が認められると経済的合理性の見地から借主が退去してしまったということもある。もちろん適正賃料であれば、また入居する希望者は現れるとは思われる。しかし、空白期間が生じるのは否定できないだろう。

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。