中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 宅建業者が売主となる場合に違約金2割は適法か。

不動産

宅建業者が売主となる場合に違約金2割は適法か。

山元くんは,新居を購入するためにA物件をライトニングシャインという宅建業者から購入することにしました。

 

建物を建築するはずの工務店とトラブルになってしまい山元くんは,ライトシャイニング社との土地売買契約を解除しました。

ところが,ライトシャイニングの松浦社長は,「宅建業法で決まっていますので」と売買代金の20パーセントの違約金が請求されました。

 

さて,これはライトシャイニング社は山元くんに20パーセント分の違約金を請求することができるかという問題となります。

宅建業法では代金額の20パーセントまでの違約金と決まっています。これは行政的な強行法規であると考えられます。

 

ところが,事業者としては宅建業法のみによるのは適切ではなく消費者契約法にも目を向ける必要があるのです。

 

消費者契約法では,事業者に平均的に生じる損害額しか認めらないと規定されています。したがって,山元さんが2週間程度でキャンセルをしているという場合,

事業者に代金額の20パーセントの平均的損害が生じることは実際上はあり得ないと思われます。

したがって,宅建業者以外の事業者の場合は20パーセントを売買の違約金として設定すると消費者契約法に違反するおそれが出てきます。

 

なお,仕入れをして宅建業者が売主になる場合は異なります。宅建業法38条の定めによりますと宅建業者が自ら売主となる場合は,代金の2割までは請求しても良いということになっています。

宅建業者が「売主」となる場合には消費者契約法は適用されませんが,逆にいうと「売主」にならない仲介の場合については注意をするべきであると考えられます。

 

宅建業ではない法人が1回限り自社物件を消費者に販売する場合が要注意です。この場合は弁護士を代理に入れた方が良いと思います。

この場合は,消費者契約法が適用されますので,事業者に平均的に生じる損害額までしか請求をすることはできません(消費者契約法11条2項)。

 

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。