中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 費用・収益の測定基準など

財務諸表

費用・収益の測定基準など

企業会計では、すべての費用及び収益は、その支出及び収入に基づいて計上する必要があります。そして発生した期間に正しく割り当てられるようにします。

「いつの期間の費用・収益にするか」ということで、期間帰属の問題となります。

 

費用については発生主義、収益については実現主義といわれています。

財政状態・経営成績を確定するには、収益をあげたものに対応する費用が適切に計上されないと、課題な利益が計上されたり損失を計上することになり、適正な財務諸表の作成が難しくなるからであると考えられます。

収益については実現主義といわれていますが、具体的には販売の場合は販売の事実に基づいて収益が認識されることになります。これは、サービスを提供して対価を受領するのは販売の時点と考えられることから、収益は販売の時点を基準とするのが合理的と考えられるのです。

さて、気になるのが割賦販売ということになります。割賦販売の場合は、販売の時点で収益を把握されることには不合理性があります。その代金の回収の期間が長期にわたるからです。しかもご承知のとおり分割払いというのは債務不履行の危険、貸倒の危険がつきまとうのです。したがって、収益の認識を慎重にするということが求められています。したがって、販売時ではなく、割賦金の回収期限到来の日又は入金の日をもって収益を把握するのが妥当であると考えられています。

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。