中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 雇止めの実務的対応

労務・労働

雇止めの実務的対応

 改正労働契約法18条によって,有期契約から無期への転換申出権が法定されることに伴い,使用者として,有期契約の通算期間が5年を超えないようにするため,不更新条項付の有期労働契約やあらかじめ5年を超えない期間を上限とする更新上限条項付きの有期労働契約を活用することになります。

 

 しかし,いったん労働者に雇用継続の合理的期待が発生した場合には,使用者から一方的に不更新の告知をしたり,単に不更新条項をいれていたというだけでは合理的期待を排斥することはできないと思います。

 

 具体的には,①更新手続の運用という事情が重視されています。また,②更新回数や雇用の通算期間がどの程度となっているのか,③業務の内容が誰でも行える臨時的・機械的なものであるか,④業務内容が期間満了によって終了するような性質のものであるのか,⑤無期契約労働者との業務内容の違い,⑥これまで雇止めは現実にあったのか,⑦使用者の言動による期待の発生がないかがポイントになると思われます。

 

 上記のように使用者の言動も考慮要素とされていますから,更新手続を厳格に行うとtもに,労働者にも誤った期待を抱かせないように有期労働者であることを自覚させつつ手続を踏んでいく必要があると考えられます。

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。