中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 退職後の従業員の顧客奪取

労務・労働

退職後の従業員の顧客奪取

労働者は、労働契約上の信義則に基づいて営業秘密を守る義務を負っています。不正競争防止法で一定の要件のもと負担をしていますが、

範囲が狭いので一般的には労働契約として退職後の秘密保持について契約を取り交わすことが多いといえます。

 

また、従業員の引き抜きに起因して事業者間の不公正な競争というものが誘因されることがあります。

 

そこで営業秘密について不正の競業その他の不正の利益を得る目的で、またはその保有者に損害を加える目的で」

営業秘密を使用・開示する行為等を不正競争と定めています(不正競争防止法2条1項)。

 

もっとも、国家秘密と一緒で何でもかんでも「営業秘密」には当たりません。

 

逆にいうと「営業秘密」の範囲を狭くしているからこそ、労働者の働く自由とのバランスが図られると解釈されるわけです。

 

具体的にいうと、①秘密管理性、②有用性、③非公知性(法2条6項)が要件となっています。

 

具体的には秘密管理性でつまづくケースが多いと考えています。つまり、オフィスに置きっぱなしになっている台帳などは「営業秘密」といえるかどうかというと、

 

あべこべな話ではありますが「営業秘密」に相応しい取扱をしておく必要があると考えられています。

具体的には、人的・物理的制限、情報・秘密の区分、特定、秘密保持義務契約の存在などです。

 

以上のような不正競争防止法の話にならない場合については信義則上の労働契約法違反を主張するしかありません。

 

しかし、労働契約では終了後には効力が及びませんから終了後のことは「特約」として決めて多く必要があるのです。

とはいうものの、メルクマールとして法的保護に値する事業上の秘密は上の3つの要件を参考に考えられています。

 

典型的なケースとしては、塾の生徒の退塾、顧客の奪取、取締役による競合会社の設立、積極的な退職の勧誘ということが挙げられます。

これも上記3つの例であれば全部違法であるわけではなく、きちんと秘密管理をして、事業活動に現に使用していて公然と知られていないことにある必要があります。

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。