中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 自宅を失わないで債務整理する方法は?

個人事業主の再生

自宅を失わないで債務整理する方法は?

 これは事情によりますので一律そうというわけではありません。

 

 例えば、抵当権が設定されている場合は,原債権について再生計画案が可決されれば,抵当権を実行される恐れは少なくなるといえます。そういう意味では自宅を失いません。

 

 一方,個人事業主の方では,事業資金が回らないため,結果的に住宅ローンも支払いが滞りがちということが多いのも事実です。

 

 そこで、再生計画案のなかに住宅ローンに関する返済期間の条件を変更する条項を含めるということになります。

 

 これを住宅資金特別条項というのですが、これは住宅ローン以外の抵当権がついている場合については対象になりません。また,親戚に代わりにローンを支払ってもらい弁済による代位による抵当権がついている場合も対象にならないという例外があります。

 

 再生計画案には,債権者の同意が必要なものと不要なものがあります。

 

 代表的なものとして、期限の利益を回復するタイプがあります。

 

 事業の運営が厳しくなると、事業の運転資金が優先となり住宅ローンの返済は後回しになりがちです。そうすると住宅ローンにつき債務不履行がおきて期限の利益を失いますよ、という契約書に基づいて一括弁済を迫られます。たいてい一括弁済は無理ですので競売になってしまいます。

 

 そこで、住宅ローンで期限の利益を失った個人事業主が住宅ローンに関する特則を利用することによって契約で失った期限の利益を取り戻すことができるようになっています。

 

 このタイプの場合は、返済が滞っている住宅ローンの元本や利息などを再生計画で定める返済期間中に分割で返済していきます。期限が来ていないものはそのまま従来どおりの金額を支払っていくという仕組みになっています。

 

 

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。