中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 金融円滑化法を終了すると金融機関の義務が変わるので…

金融円滑化法終了

金融円滑化法を終了すると金融機関の義務が変わるのですか。

これはNOであるといえます。

 

もともと金融円滑化法があるからリスケジュールなどの条件変更の申込みが金融機関に必ず承諾されてきたという法的効果を生じていたわけではありません。

 

金融機関は、できる限り応じる努力義務があっただけなのです(4条1項)。

 

法的効果を持っていたのは、金融機関が当局に報告義務があるという点だけでした(8条)。

 

要するに、なのですが報告義務があるから間接的に金融機関に萎縮効果が働いて承諾してきたという事実上の効果が生じていたという整理ができるのではないかと思います。

 

金融円滑化法の趣旨については、金融検査マニュアルや監督の指針にも取り込まれています。

 

そうである以上、一応のところは、その趣旨は円滑化法の期限切れの後も生きるといえるのです。

 

このことから、金融機関の融資に対する対応が劇的に変わるという確率はそれほど高くないとはいえるかもしれません。

 

しかし、報告義務による間接的な強制力の効果は金融機関にありましたから場合によっては、情勢の大きな変化が生じる可能性があります。

 

もっとも、貸し剥がしといった大胆なハードランディングが行われる懸念は減少していると考えられるのではないかと思われます。

なお、平成25年1月11日の一部報道によりますと、金融庁はすべての金融機関に対して中小企業の再生支援への取り組みを定期的に開示するように銀行法などを改めて開示を義務化するということです。

期限切れで法的な義務はなくなるのですが、銀行法等で定めない事柄についても任意で報告を続けるよう要請すると一部で報道されています。



 

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。