中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 良い会社分割と悪い会社分割の判断基準とは?

会社分割

良い会社分割と悪い会社分割の判断基準とは?

法律構成はどうであれ問題とされる「悪い会社分割」というものは以下のものです。

 1 弁済率の低下があること

   分割会社に残された債権者は大幅な債務免除を迫られるのに対して、承継会社に残された債権者は約定どおりの弁済を受けられることの不公平

   会社分割の場合は債権者保護手続が不要とされているにもかかわらず、上記のような違いを合理的に説明する論拠を提示することは難しいと解されます。

    もっとも、分割前会社は債務超過になっているわけですから,誰かが弁済を受けられなくなるというのは必然といえます。そこで、会社分割がなされずに再生手続に入った場合に予想される弁済率を基準   とすることが考えられる。分割会社に残された債権者が得られる弁済が上記の民事再生の場合の弁済率を下回る場合は詐害行為あるいは破産法の否認の対象になると理論的に考えられます。

 2 交付株式がスポンサーに交付されているか

   理想的な会社分割では新設会社から分割会社に対して交付される株式については、スポンサーに対して売却することによって既存の債権者に対して弁済原資を確保するということで、債権者にも利益があ る会社分割であると考えられています。

   これに対して、当たり前のことではありますが、交付株式を処分して既存債権者に対する弁済原資を確保することは念頭に置かれていない会社分割の方が圧倒的に多いといえます。

   交付株式の譲渡が全く予定されていない場合、交付株式の譲渡を通じた残存債権者に対する弁済計画案の立案もなく、分割会社が新設会社の株式を保有しているというような場合、分割会社に残った債 権者が得られるのは新設会社から分割会社への配当原資くらいのものとなってしまいます。したがって、実質的には既存債権者の弁済率を下げることになると考えられています。

   そこで、残った債権者への弁済を実施しないで放置している場合や、長期的な収益弁済計画しか策定していない場合は濫用的会社分割の間接事実となるものと考えられるのです。

3 負債の切り分けに合理性がないこと

   負債の切り出しに関して、特に承継される債務に新設会社に承継された事業とは無関係の経営者などの縁故者の債権者に対する債務が含まれている場合は,分割会社に残された債権者の不公平感が  募ることになります。

 

4 既存債権者の理解を得るための情報開示がないこと

   会社分割を行うには、一定の範囲の債権者に対していかなる情報開示を行っているかについては、良い会社分割と悪い会社分割との判断基準になると考えられます。もとより会社分割は債権者保護手続  が不要なのですから、債権者の同意は必要ではありません。しかし、遅くとも分割の実行前に一定の情報を開示することが望ましいと考えられています。情報の開示についても、会社分割を行うことによっ   て、残された債権者には不利益が生じておらず、弁済率が上がりますよ、という情報開示を行うことが重要であると考えられます。

5 まとめ

   以上は、法律論というよりかは事実論ということになるかもしれませんが、こうした点を留意することが肝要であると思われます。

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。