中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 会社が倒産した場合の給料はどうなりますか。

倒産・破産

会社が倒産した場合の給料はどうなりますか。

1 労働債権には、その発生時期及び総額により財団債権となるものの、優先的破産債権になるものとに分けられます。最も保護の厚い財団債権となるのは、給料債権の一部、退職金債権の一部に限られます。その他は保護が薄い優先的破産債権となります。

2 以上からしますと、保護が厚いのは、財団債権となる部分が重要ということになるかと思います。この点は、①給料債権のうち破産手続開始前3ヶ月前に発生していたもの、退職手当のうち退職前3ヶ月間の給料の総額と破産手続開始前3ヶ月間の給料の総額のいずれか多い方に相当する額ということになります。

3 注意するべき点としましては、破産手続開始前3ヶ月より前に退職をしていた場合には、未払給料が財団債権となることはありません。

 名古屋地裁の場合では、賞与が賃金といえる場合、その支給日が破産手続開始3ヶ月前のものについては、全額を財団債権として取り扱うものと考えられています。

 なお、解雇予告手当については、名古屋地裁では、損害金の性質として財団債権とはなりません。

4 なお、知られていない制度かもしれませんが、賃確法に基づいて、企業が倒産したために賃金が支払われないまま、退職を余儀なくされた労働者について、その未払賃金の一定の範囲について、労働者健康福祉機構が事業主に代わって支払う制度のことをいいます。

 立て替え払いを受けるには制限があり、2年間の期間内(申立前6ヶ月、申立後1年6月)に退職した労働者について、未払い賃金の立て替え払いを受けることができます。

 立て替え払いの対象となるのは、80パーセント相当額です。

 立て替え払いの請求は労働者において、「未払い賃金の立て替え払い請求書」または「退職所得の受給に関する申告書、退職所得申告書」を申告して、破産管財人の証明を受けて、機構に行うことになります。

 

 

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。