中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 民事保全の有効活用

債権回収

民事保全の有効活用

強制執行をして権利を実現する、というのが最終のゴールなわけですが、ゴールにいくまでには時間がかかってしまいます。この間にゴールを隠されたりサッカーボールを隠されるなどのフェイントをかけられてしまったら,残念ながらゴールはかなわないことになります。

 

そこで,特に取引先に倒産の懸念がある場合については,取引先の財産が散逸してしまうことになり、強制執行をする際には財産が残っていないということがよくあるのです。

 

そこで,民事保全による仮差押、仮処分を検討することが考えられます。これは,執行不能に終わるのを防ぐために、暫定的に取引先が保有している資産を仮に保全しておくというものです。

 

ただし,民事保全を行うためには、原則として担保が必要となります。この担保は、申立が認められてから3日から7日以内に支払わなければなりません。

 

この担保の価格が高額であるために保全という手法を用いることに消極的になる場合もないわけではあります。

 

基準ですが、売買代金の保全のための預貯金口座をロックする場合は、売買代金額の10~30パーセントが担保額の基準となる場合があり、最終的には裁判所が決定することになります。

 

もっとも、民事保全は,銀行との取引約定については,期限の利益喪失事由となっていることがあります。そうすると,仮処分がはじまりますと銀行が債権回収に動き出し,銀行がライバルになるということが考えられます。

 

この結果、取引先の資金ショート、倒産への引き金を引く場合もないわけではありません。

 

ですから、民事保全の利用というのは,取引先の倒産の可能性についても考慮に入れて,一定の慎重さが求められるといえましょう。

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。