中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 取引相場のない株式の評価

税務

取引相場のない株式の評価

 相続税法22条は、「取得の時」における時価により財産を評価する旨を定めています(時価主義)。

 

 基本は、相続税基本評価通達によることになります。

 

 さて、取引相場のない株式の評価の場合はどうしたら良いのでしょうか。

 

 具体的には、類似業種比准方式、純資産価額方式などがあります。

 

 ところで、評価方式のうち「類似業種」の方なのですが、この評価は会社の1株当たりの純資産価額を相当下回ります。

 

 当然、相続財産価額は低くなった方が相続税も押さえられることになりますので、

 

 ・保有する土地を現物出資して会社を設立する相続税節税対策が流行しました。

 

 そこで、国でこの点についての手当がなされることになりました。

 

 具体的には、会社の純資産価額に占める保有株式の価額の割合が25パーセント以上の場合は、特別な評価方法が適用され、

 

 評価価額が高くなってしまったのです。

 

 東京地判平成24年3月2日の凄い点というのは、この25パーセント基準の合理性が争われ納税者側が勝訴したという点です。

 

 この判決は、取引相場のない株式の評価方式としては、原則的評価方式の1つである類似業種比準方式が文字通り原則であり、

 

 それに対して株式保有特定会社に適用されるいわゆる「S1+S2」方式は、「類似業種」を用いるべき前提を欠く場合に適用される例外的なものとされているようです。

 

 そのうえで判決は、「本件相続の開始時を基準とすると、評価通達189の(2)の定めのうち、大会社につき株式保有割合が25パーセント以上である評価会社を一律に株式保有特定会社としてその株式の価額を同通達189-3の定めにより評価すべきものとする部分については、いまだその合理性は十分に立証されているものとは認めるに足りない」としています。

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。