中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 大家さんとテナントさんの立場(建物減額請求)

賃貸借について

大家さんとテナントさんの立場(建物減額請求)

会社の固定経費として、重くのしかかるのは賃料という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

不景気が続く中でテナントさんから大家さんへの賃料減額請求が増えています。

 

仮にお話し合いがまとまらないと裁判となります。

 

裁判ですと、「相当な賃料はいくらか」が結局のところ争点となります。

 

実際の裁判の相当数は双方が互譲して賃料の改定の和解をして終了することが多いといえます。

鑑定については、差額配分法、利回り法、スライド法、賃貸事例比較法を行いますが、

上記で枠組みを定めて、①大家さんの税金負担の増減、②土地建物の価格の変動が下がっているか、③経済事情、特に周辺の建物・オフィスの賃料の相場も

加味して決定することになります。

 

ただ、テナントさんの要望に応じて作られるオーダーメイド建物というものがあります。

 

テナントさんの要望に応じて作られた建物については、合意賃料の拘束性が強く認められています(最判平成17年3月10日判タ1179号185頁)。

 

この場合は、テナントさんの経営状態など特定の要素だけでは減額をすることは決められないとの判決となっております。

 

建物の減額請求をめぐってお困りでしたら、法律相談をお越し下さい。

法律相談Q&A TOPへ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。