中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 賃料の鑑定評価の方法

収益物件

賃料の鑑定評価の方法

賃料の増額請求をする場合、実質賃料と支払賃料の差を理解する必要があります。

 

支払賃料は、いわば現在支払われている賃料ですね。実質賃料とは、賃貸人に支払われているすべての経済的な対価をいいます。

 

実質賃料は、支払賃料+共益費+一時金の運用益+一時金の償却益などです。

 

もっとも、共益費が高い物件や敷金・保証金がとても高額という場合は実質賃料はそこまで意識する必要はないのではないでしょうか。

 

賃料の鑑定評価は、実質賃料を原則としています。ですから大家さんが安い!と思っても共益費や一時金の償却益もみなければわからないということになるでしょう。

 

賃料の鑑定方法は、新規賃料についての鑑定評価ですから、継続賃料の鑑定評価であるかによって異なります。新規賃料は、新たな賃貸借等の契約について成立するであろう経済的価値を適正に表示する賃料のことをいいます。継続賃料は、不動産の賃貸借等の継続にかかわる特定の当事者間において成立するであろう経済的価値を適正に表示する賃料をいいます。

 

弁護士に関係があるのは増減額でしょうから、継続賃料についてみることにします。

 

継続賃料ですが、差額配分方式というものがありますが、はっきりいってあまり理論的ではありません。

 

結局、紛争となっている差額について、契約の内容、契約締結の経緯等を総合的に勘案して、当該差額のうち貸主に帰属する部分を適正に判定して得た額を実際の実質賃料又は実際の支払賃料に加減して試算賃料を求めるものです。しかし、これでは事実の調査に近く、鑑定をしているとはいい難いと思います。

 

次にスライド方式です。

 

従前賃料を定めた時点における純賃料に変動率を乗じて得た額に価格時点における必要諸経費等を加算して資産賃料を求める手法です。しかし、不動産価格の変動、公租公課の変動、固定資産評価などは乱高下しないものです。したがって、この点も、実勢が考慮されていないという点で不相当といえるのではないか、と思います。

 

結局賃貸事例比較方式というものがあります。

 

新規賃料にかかる賃貸事例比較方式に準じて資産賃料を求めるというものです。

 

したがって、継続賃料の鑑定といっても、現実問題として不動産鑑定士に見込みを聴いて鑑定書の作成を依頼し、場合によっては、新規賃料で鑑定を求め継続賃料に引き直すということも考えられて良いように思われます。

 

 

次の質問へ

法律相談Q&A TOPへ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。