中小企業の法律相談 Q&A QUESTION AND ANSWER

中小企業の法律サポーターTOP > 法律相談Q&A > 物件購入前①:誰の名義で購入すると良いか

収益物件

物件購入前①:誰の名義で購入すると良いか

 例えば、所得の多い夫が賃貸経営をするよりも、所得の少ない妻が経営を行えば、所得税が安くなります。

 

 つまり、収益物件の収益を家族の誰に振り分けるか、という「切り口」です!

 

 節税とともに、不動産所得が分散されるというメリットがありますから、節税会社と同じような理屈でのメリットが出てきます。

 

 しかしながら、注意しないといけないのは、そう簡単に収益物件の名義を換えることは難しいということになります。

 

 基本は、売買か贈与しかないかと思いますが、細かい話しを省略すると、いったん親名義にした者を子どもや孫に資産移転する場合には贈与税がかかってしまいます。

 

 この場合、①現金を上げて、アパートを子どもに建てさせるのと、②アパートまで建ててから贈与する-のとどちらが贈与税が安くなるでしょうか。

 

 現金を贈与した場合、2000万円贈与した場合、シンプルに720万円の贈与税がかかります。しかし、数年後にアパートを生前贈与した場合の贈与税は100万円台半ばで足りるのです。

 

 なぜなら、建物は、3年ごとに固定資産評価が見直され評価が下がります。つまりどんどん法律上は価値が下がっていくわけです。そこで年数が経過するほど評価額が更に下がり、より贈与額は減額されて節税という効果が生じることになります。

 

 つまり、「子どもに現金を渡して、アパートを経営させる」というのは税制上あり得ない、ということになりますね!

法律相談Q&A TOPへ

前の質問へ

初回30分 無料相談 ご予約

Webからのお問い合わせ

  • 債権回収
  • 労務問題の解決
  • 従業員サポートの窓口
  • 納入先・元請とのトラブル
  • 商標・インターネットの中傷トラブル
  • 金融デリバティブトラブル
  • 建築・不動産関係
  • フランチャイズトラブル

業務のことから法律ニュース・時事問題まで お役立ちコラム

ACCESS

略地図

中小企業の法律サポーター

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

052-253-8775

このページの先頭へ

名古屋の企業法務・労務問題・顧問業務に全力投球
名古屋駅ヒラソル法律事務所による企業応援サイト

〒450-0002 名古屋市中村区名駅5丁目6-18伊原ビル4F

052-756-3955

Webからのお問い合わせ

「お電話で中小企業の法律サポーターを見ました」とお伝えいただくと、初回相談が30分間無料となります。

名古屋駅ヒラソル法律事務所では中小企業の法律サポーターとして、豊富な専門知識と問題解決のため戦略を持った弁護士が、各種企業法務の支援にあたります。愛知県名古屋市周辺での企業法務、労務問題、債権回収、契約書チェック、法律顧問のことならお気軽にご相談くださいませ。